読み聞かせとモンテッソーリ子育ての『日英絵本で親子で育つ』の運営者紹介

<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

こんにちは!

【日英絵本で親子で育つ 地方でおうち英語・おうちモンテ】へようこそ

絵本は家に300冊以上、読み聞かせが毎日の日課になっているAzusaです。

0歳から就学時までに役立つ”読み聞かせ”や”モンテッソーリ”について『無理せずゆるーり取り組む様子』をご紹介するのが、このブログです。

このページでは、『日英絵本で親子で育つ』がどんな風に活用いただけるのか、書いてる「Azusa」っていったいどんな人?を紹介します。

目次

ブログでやりたいこと

当サイトでは、読み聞かせモンテッソーリ教育を『わたしもやってみようかな』と思ってもらえるような記事を公開していきます。

読み聞かせやモンテッソーリ教育には様々な本やブログが多くあります。

悩めるママ
悩めるママ

読めば読むほどハードルが高い!!

ではなく、

悩めるママ
悩めるママ

ちょっと試してみようかな!

と思えるような、ハードルを下げた、第一歩を踏み出しやすい記事を心がけています。

読み終えたあとに、ちょっと考え方や行動にすこーしでもお力になれれば幸いです。

Azusa

子育てを頑張っている方がちょっとほっとできる、あなたに寄り添えるブログにしていきます。

書いている人

Azusa

Azusaです。

30代ママで、娘と息子二人がいます。

我が家の教育目標は「子どもたちが親からの愛情を感じて、自分のやりたいことを自分で進んでいけること」

そのために

  • 愛情は言葉でも行動でも伝える
  • やりたいことを応援する、必要であれば手をさしのべる
  • 読み聞かせ
  • モンテッソーリ教育の考え方を応用

しています。

経歴

田舎で幼少時代を過ごしました。そのため、子どもたちにも自然との触れあいを大切にしてほしくて、地域の自然と関われる活動には積極的に参加しています。

小さいころから本が好きで、図書館にはよく通っていました。

母にも毎晩のように絵本の読み聞かせをせがんでいたとのこと。

本に何度心を助けられたことか…。

大学では教育学部に進み、[教育とは]を学び、実際に教育関係での就職も経験しています。

目の前の子どもたちと接する楽しさや難しさを経験し、乳幼児期〜の親や周囲の人の子どもへの接し方の重要さをひしひしと感じました。

そのなかで、読み聞かせをしている家庭や、モンテッソーリ教育を行っている園を卒園してきた子ども達が落ち着いている、自信をもっている様子から、自分の子育てにも「読み聞かせ」「モンテッソーリ教育」を取り入れようと思いました。

今のところ、『読み聞かせ』と『モンテッソーリ』を子育てに取り入れる中で、自分が楽しく子育てできているので、自分の子育ての様子が誰かの役に立って、【笑顔は広がる】をモットーにブログを運営しています。

夢は、子どもたちが絵本と出会える機会を増やす移動絵本絵本&図書館をつくること

保有資格
Azusa

よろしくおねがいします♪

使っている幼児教材

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは、Azusaです。

ブログを書くことで自分が役立てる事を模索中のアラサー。
自分で子どもと親が絵本と関われる場所を作っていきたいと思っています。

夢は『移動絵本屋さん』と『子どもと本との出会いをつなぐ図書館』を作ること!!2031年目標!

わたしの子育ては絵本があるから成り立っている!といっても過言ではないくらい、毎日読み聞かせを楽しんでいます。
読み聞かせが楽しい!から派生して、英語絵本にも出合い、おうち英語にも目覚めました。
日本語絵本と英語絵本を両方親子で読んで、見える世界を広げている最中です。
子育てに絵本があると、子育てがもっと楽しくなるよ♪と伝えたくて、このサイトを運営中!
子育ての考え方としては『マリア・モンテッソーリ』の考え方が好きなので、こちらも実践記録残していきます。

目次